★キューバ映画祭 in サッポロ 2009★ キューバの十七日間 ~音楽とモノ不足と人のつながりと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバの十七日間 ~音楽とモノ不足と人のつながりと…

キューバの首都ハバナからバスで約5時間半かけトリニダーを訪れた。サトウキビプランテーションと奴隷売買で繁栄したこの町は時間が止まってしまったのではないかと思うほど古い街並みだ。民家も博物館もレストランも18世紀に造られた建物が多い。中心部は観光客向けのレストランやホテル、土産物屋があり観光地らしい光景だが、少し町はずれを歩けばハバナに比べると車は極端に少なく移動手段は徒歩か自転車や馬車、時々ボロボロのバスやトラックが通る。ビニール袋と木の棒で作った凧で遊ぶ子供達、アイスボックスを積んで自転車でアイスを売るおじさん。バスケットに野菜や肉を入れてマーケットから帰ってくるおばさん。家の前に椅子を出して日陰でくつろぐおじいさん。公園で群がってドミノをする人達、どの人も陽気で気さくで情に熱い。民家からは大音量のサルサ音楽が聴こえていた。時間がゆっくりと流れるこの町に私はすっかり魅了されキューバが大好きになった。

 前日まで4日間滞在したハバナで私はキューバに対する興味を失いかけていた。大好きな音楽は観光産業の一部に組み込まれ面白みに欠けている様に感じたし、ショッピングモールや大型の雑貨店などに金持ちが集まり、一方で世界遺産にもなっている古い建物の立ち並ぶ地域の一部は建物の中が細かくトタンで仕切られ上水道もない部屋に人が住み、まるで箱の中のスラムのようだった。貧富の差が予想以上で、若者はカストロや政府を批判し国を離れたいと言っていた。憧れだった医療制度も、無料で診察できても処方された薬はいつも品切れ、検査機器だって資金不足で古いままだと教えられ愕然とした。町の至るとこに監視カメラと警官が立ち住民を監視しているのも窮屈に感じ、私は嫌な所ばかりが目についてどんよりした気分でいたのだ。

 キューバの物不足は深刻だ。しかし、古い車やトラックに多くの人と荷物が積まれ黒い煙を巻き上げながら走り、その傍らで馬が移動や畑仕事に使われるのどかな光景や、電話も無いので、たわいのないことも直接会いに行って話をする人達をみて、人と人の繋がりが密でとても羨ましく思った。

ドミノおじさん

 馬車タクシーに乗りながら日本は今もエコブームなのだろうか?と思った。燃費が良くても一人一台車に乗っているのと燃費が悪くても定員になるまで出発しない乗合タクシーやバスとどっちがエコなのか? キューバは日本が忘れている大切な何かを教えてくれる国だと感じた。
(河野 育子)

*河野さんは、How to CUBA(1月22日)でキューバ旅行について報告してくれます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

cubanfilmfes


キューバ映画祭inサッポロ2009のブログです。
200931日(土)
日(金)

にかけて開催する映画祭に関しての記事を掲載します。

トップページ
    スタッフブログ
      CUBA THE MOVIES 2011
        CUBA THE MOVIES 2010
          CUBA映画祭2010
            管理画面
            上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。